バイトに行きたくない!何が何でも行きたくないあなたにお届けするアドバイス

アルバイトに行きたくないという事を誰しもが思った事があるはずです。
しかも一度や二度の事ではないと思います。
私自身もアルバイト自体アルバイトに行きたくないと何度も思いました。
そういう気持ちになった時に様々な方法を試してみてアルバイトに行っていました。
思い切って休んでしまう事なんかもありました。
そこでここではアルバイトに行きたくないと思った時の対策などを紹介して行きたいと思います。

 

どういう時にバイトに行きたくなくなる?ランキング形式で紹介

ここでは多くの方がどのような時にアルバイトに行きたくないと思うのかを紹介して行きたいと思います。
まず学校のテスト前や学校での課題が終わらない時といった学校の行事や進行状況によってアルバイトに行きたくないと思う事が多いようです。
確かに課題が終わっていない中でアルバイトのシフトが入っていたらアルバイトに行かず学校の課題を終わらせる事を優先したいと思う方が多いです。
アルバイトをしている方では学生の方が多くの割合を占めるためにアルバイトに行きたくないと思う理由ではこういった学生特有の理由が多くあります。
またクリスマスなどのイベント事の時や、その日の天気や気分によってアルバイトに行きたくないと思う方も多いです。
クリスマスの日にアルバイトなんて何か寂しなものがありますもんね。
天気や気分も雨の日には気持ちが落ちアルバイトのためだけに外に出るのも気分が乗らないですよね。
ですのでこういった理由もアルバイトに行きたくない理由で多く上がっています。


こうすれば行こうとする気持ちに切り替えられる!

ここまででアルバイトに行きたくないどういった時に多くの方は思うのかを紹介してきました。
アルバイトに行きたくないからといって多くの方がアルバイトに行かないなんて事はないでしょう
ですのでここではアルバイトに行きたくないと思ったときにどういった対策をしてアルバイトに行こうと思ったのかをいくつか紹介して行きたいと思います。
勢いつけて早めに出勤するといった対策です。
アルバイトに行きたくないと思ったときに1人で長い時間悩んでいてもアルバイトに行きたくない気持ちは大きくなるばかりです。
なのでとりあえずアルバイト先の近くに早めにいって見ることや思い切って早めにアルバイト先に行くなど考える前に行動する事もいいですね。
アルバイト先に行けばアルバイトに行きたくなかったという気持ちがあったとしてもアルバイトをしますからね。
アルバイトをした自分に少なからずご褒美を作る事もアルバイトに行きたくない時の対策の1つですね。
アルバイト終わりに少し贅沢なご飯を食べにいって見ることや、アルバイト終わったら思い切って美味しいお酒を呑んでみようなどといった、アルバイトをやり終えた自分にご褒美を作る事でアルバイトに行きたくないと思ったときにでもアルバイト終わりにご褒美が待ってると思えば身体はアルバイト先に進んでいるのではないでしょうか。
またアルバイトのやりがいの理由の1つともなりとてもいい対策の1つですね。
後はアルバイトをする事でどれだけお金がもらえらのかを自分の中で計算してみる事もいいですね。
多くの方がアルバイトはお金を稼ぐためにおこなっていると思います。
ですのでその日にアルバイトに行く事で稼げるお金を計算することやアルバイトに行かなかったことでそのお金が稼げなくなるといった事を考えてみるのはアルバイトに行きたいいう気持ちになるいい対策です。
もっというとその稼いだお金で何をしようや何ができるのかまた何ができなくなるのかというのも考えてみるのもいいですね。


それでも行きたくないと思ったらどうする?

上記ではアルバイトに行きたくないと思った時には どうしたらアルバイトに行きたくなるかを紹介してきました。
上記で説明した事を試しても一向にアルバイトに行きたくない気持ちがなくなる事はないという方もいるでしょう。
そこで色々と対策を試してもアルバイトに行きたくないという気持ちがなくならない人はどうしたらいいのかという事を紹介して行こうと思います。
最終手段としてアルバイトに行かないという事です。
どんなに色々な事を試してもアルバイトに行きたくないという方は思い切って休んでみる事もいいでしょう。
アルバイトに行きたくないという思いはあるが嫌々アルバイトをしていていると徐々に不満が自分の中に溜まっていきアルバイトへの取り組みやアルバイトとは関係ありませんが日常生活にも影響が出てきます。
ですのでどうしてもアルバイトに行きたくないという方は思い切って休みとりリフレッシュしてみるのもいいですね。
またアルバイト先を変えてみるのもいいかもしれませんね。
アルバイトに行きたくない理由としては人それぞれですがアルバイトをしたくないのではなくその店舗でアルバイトをしたくないだけかもしれません。
ですので思い切ってアルバイト先を変えてみて自分にあったアルバイト先を探してみるのもいいですね。


まとめ

アルバイトに行きたくないと思う時やアルバイトに行きたいとなる対策をここまでで紹介してきました。
アルバイトに行きたくないと思った事がないという方は少ないでしょう。
多くの方はアルバイトに行きたくないと思っても何かしらの対策をしてアルバイトに行っている方が多いですのでアルバイトに行きたくない時にアルバイトに行きたいと思えるような対策は多数持っていた方がいいでしょう。
この記事で対策の全ては紹介出来ませんでしたがアルバイトに行きたくないと思った時にはぜひこの記事で紹介したものを試し、アルバイトをしてみてはいかがでしょうか

ネットカフェのバイトの仕事内容やメリットデメリット、口コミまとめ

これからアルバイトを考えている方や今現在アルバイトをしているが他のアルバイトも経験してみたいと思われてる方へここではネットカフェのアルバイトについて紹介していきたいと思います。
ネットカフェとは一体どういうものかというと有料でインターネットにアクセスできる施設の事を言います。
ですが今は漫画喫茶をネットカフェという事が多く漫画やDVDやドリンクやフードが充実してるネットカフェが多くみられます。
そこで近年アルバイトを考えてる方、興味にある方へネットカフェのアルバイトの仕事内容、良かった点、大変だった事を口コミも混ぜて紹介していきたいと思います。

ネットカフェのアルバイトの仕事内容とは

ネットカフェを利用した事がある方はわかると思いますがネットカフェ利用時に店員さんと接する機会は入退店を除いてはほとんどありません。
そんな店員さんの姿を見る事が少ないネットカフェでアルバイトをしている方は一体どんな仕事をしているのかはイメージしにくいと思います。
ここではネットカフェのアルバイトの仕事内容について紹介していきたいと思います。
ネットカフェのアルバイトの仕事内容は大きく分けて4つあります。
まず1つ目は受付のお仕事です。
受付のお仕事とはネットカフェを利用した事がある人はわかると思いますが入退店の手続き、また会計を行う仕事です。
ネットカフェの仕事内容の中で1番お客様と接する機会が多いお仕事です。
2つ目は清掃のお仕事です。
ネットカフェではパソコンやパソコンを使う部屋も共有しているために次に使うお客様に気持ちよく利用していただくために共有しているものの清掃を行います。
3つ目は飲食物の提供のお仕事です。
ネットカフェはインターネット設備だけでなくインターネットを長くご利用するお客様のために飲食物の提供を行っています。基本的にはそこまで手の込んだものの提供はしないため飲食店でのアルバイトの経験がない方でも安心して取り組める仕事となっています。
4つ目は近年施設の1つとしてダーツやビリヤードがあるネットカフェもあります。
そういった施設があるネットカフェでは上記の業務とは別にダーツやビリヤードの整理業務というものがあります。
こちらの業務はネットカフェでのアルバイトを考えている店舗のホームページの施設紹介などに記載されていますのでホームページの確認または直接ネットカフェに問い合わせをすればわかります。
以上がネットカフェのアルバイトの仕事内容です。

 

ネットカフェのアルバイトをして良かった事、また大変だった事とは

ここまででネットカフェのアルバイトの仕事内容を紹介してきました。
ネットカフェのアルバイトの仕事内容に、ついてイメージが出来てきたかと思います。
そこでここではネットカフェのアルバイトの仕事内容を踏まえてネットカフェアルバイトをしていて良かった事、大変な事を口コミを混ぜて紹介していきます。
まずネットカフェのアルバイトをしていて良かった事の口コミを紹介していきます。
夜勤帯の時間で勤務した方で勤務中に漫画を読める所が良かったという口コミです。
確かにネットカフェのアルバイトは前述でも紹介しましたがネットカフェ利用時に店員さんと接するという機会はあまりありません。ですので夜勤帯といった深夜の時間帯ではお客様の出入りが少なくなるため仕事量も少なく空いた時間で漫画やネットサーフィンは出来ますね。
ただ店舗で正式に空いた時間に漫画やネットサーフィンをしていいというものではありませんので仕事の取り組む姿としては店長など先輩の方からは好印象ではないでしょう。
まぁ決められた仕事をこなしながらであれば問題はないかもしれませんね。
次にネットカフェのアルバイトの大変な事を紹介していきます。
上記で紹介しました空いた時間に漫画やネットサーフィンをしている方もいるようにネットカフェのアルバイトは立地などで忙しさが大幅に変わってきます。
都心や駅近にあるネットカフェでは深夜帯ですと終電を逃した方やお酒に酔い潰れてホテルとして利用するお客様も多くなります。
ですので夜勤帯の時間帯がとても忙しくなり、お酒に酔い潰れたお客様でネットカフェの部屋で嘔吐する方もいるため清掃などでとても忙しく大変という口コミです。
確かに私自身もネットカフェをホテルがわりに利用したことはあります。
その時は都心のネットカフェだったために深夜帯にもかかわらずとても混んでいました。
ネットカフェのアルバイトをする上で大事な事の1つとして都心や駅近ではない店舗での勤務がオススメですね。

 

ネットカフェアルバイトの応募資格とは

ここまでの紹介でネットカフェのアルバイトに仕事内容、アルバイトをしていて良かった点、大変な事を紹介しました。
それを踏まえてネットカフェのアルバイトに少し興味を持った方もいると思います
ですのでここではネットカフェアルバイトの応募資格について説明していきます。
(東京の求人情報を参考とする)
ネットカフェには有名店ですと快活CLUBや自由空間といった様々な会社がありますがどのネットカフェも基本的には高校生以上であれば勤務可能となっています。
ネットカフェの多くが24時間で営業しているため学生や社会人の方でも空いた時間などの隙間時間で気軽に働く事が出来、またダブルワークとしても利用しやすいですね。
またアルバイトの待遇は勤務する店舗によってばらつきがあり交通費全額支給の店舗や交通費の支給はなしといった店舗があるようで応募する際には待遇面の確認は必須です。
勤務中ドリンクが飲み放題という嬉しい待遇の店舗もあります。

 

まとめ

ネットカフェのアルバイトについて様々な角度で紹介してきました。
仕事内容自体は大変なものではなく勤務する店舗選びが重要です。
ネットカフェの立地や待遇面をしっかりと確認しネットカフェのアルバイトを始めればとても楽しく仕事が出来ます。
また時給は1000円弱(東京時給参照)で、深夜は割り増し時給になりますので時給自体もそれほど悪い内容とはなっていません。むしろ学生にはいいくらいです。
ぜひ自分自身でアルバイトを考えているネットカフェの情報を調査し、楽しくネットカフェのアルバイトをしてみてはいかがでしょうか

受付のバイトは会社の顔!受付の仕事のメリットや適正のある人を紹介

受付のバイトは女性、特に女子学生に人気のバイトです。それはやはり楽に見えることと、会社の顔としてそこに存在できるという誇らしいバイトだからでしょうか?

受付と言っても様々なところがありますね。企業の受付やスポーツジムの受付、病院の受付、学習塾の受付など、あらゆるところに受付業務があります。

そんな中でバイトとして求人が出るのは、企業の受付やスポーツジムの受付などが多いですね。

では、受付のバイトについてお話していきましょう。

派遣会社からの受付のバイトは好条件?

まず、企業の受付の場合は比較的長期勤務を求められるので、派遣会社などに仕事が集まっていることが多いようです。しかも、企業と提携している派遣会社が多いので、受付のバイトをしっかり一定期間続けたいと考えるなら、派遣会社に登録する方が良いでしょう。

派遣会社の登録して派遣バイトとして受付をする場合は、通常よりも高い給料になることも多く、お勧めです。

企業の受付は、会社に訪れた顧客や他社からのお客様がほとんどです。失礼のないように丁寧な応対を心掛けなければなりません。特に受付では必要に応じて担当部署につなぎ、お客様の誘導をします。速やかにまた適切な部署の担当者につながなければなりません。

受付は会社の顔として他人から評価をされるので、美しい言葉遣いや立ち振る舞いなどビジネススキルが大いに求められるところです。場合によっては、海外のお客様も来店されるので、語学に自信を持っている人は有利でしょう。

そのようなことから会社は優秀な人材の受付には好条件の待遇で募集を行っていることが多いのです。自分の持てるスキルを全てアピールして、派遣会社に登録をすると良いでしょう。

受付のバイトで気になることとは?

実際に仕事をする会社によって、様々なルールやマナーがあります。会社によっては、受付が入り口周りの清掃をしたり、来客にお茶を出したりしなければならない場合があります。

会社の規模や職種によってもやるべき作業は違ってきます。事務仕事を多く引き受けたり、お客様の車の手配やお見送り、お迎えなど、様々な業務があります。

お客様の中にも困惑する方がいたり、どのように接したら良いのかわからない場面に遭遇することもあります。

受付は、常に受け身の仕事なので、自分の意思を持って物事を決めたり、計画を実行することはできません。

あくまでも上司などの指示に従って動く必要があるので、その適応性は大切です。

受付のバイトのメリットは何だろう?

受付はやはり女性にとって花形と言える仕事です。会社内から、またあらゆるお客様から注目を浴びますし、有名にもなります。

また、給料が高いのに仕事自体は楽で誇らしいものだと言えますね。

そして、独身女性にとっては出会いの場所となるので、大いに期待が持てます。実際に、受付嬢は人気が高く、出会いも多いと評判です。女子学生に人気なのはそのことも大きな理由でしょう。

受付のバイトは高い収入を手にすることができる大きなメリットがあります。さらに英語が堪能であったり中国語ができるという人は給料が上がる可能性があります。そのことから、受付の仕事を始めてから、語学の勉強を再開したという人も多いのです。

実際に外国人が訪れることが多い会社の場合は、英語のスキルアップが役立つことが多いようです。これも将来の就活にも大きな影響を与えそうですね。

受付のバイトをしていて、その会社の魅力を知り就職に役立つということは良くあるようで、バイトを終わってからもそのまま正社員として働きたいと考える人も多いのです。

受付のバイトは社会人としての自覚も芽生え、将来的にも希望の持てる仕事と言えそうですね。


受付のお仕事はこんな人におすすめ

会社のイメージを左右しかねない窓口としての役割がある仕事のため、顧客へ丁寧な対応が行える方、正しいビジネスマナーが身に付いている方、多種多様な顧客に合わせた臨機応変で柔軟な対応ができる方が求められます。笑顔で気持ちの良い対応ができる方、予期せぬイレギュラーな事態にも慌てず冷静に対応できる判断力のある方だとベストです。 人と接することが好きな方や、サービス・接客業経験者、事務職経験者にも向いていると言えるでしょう。

受付の仕事は、来客への応対、案内が主な業務となり、その他電話応対や応接室の予約管理、送迎車の手配等も行うことがあります。
来客にとっては訪問先で最初に接する相手となるため、より良い印象を与えるため、重要な職務となります。
会社を代表する顔とも言えるため、美しい言葉遣いやビジネスマナーなどのヒューマンスキルが重視される仕事です。顧客それぞれに応じた臨機応変な対応ができる能力も求められますし、各部署とそれぞれの業務内容、人員配置に関しても常に正しく理解している必要があります。会社によっては英語などの語学力が問われることもあるので、外国語での会話ができる方は有利となるでしょう。

稼ぎたいなら警備員のバイト!仕事内容や勤務先例を紹介

警備員のバイトというと、どんな印象があるでしょうか?

夜間に少人数で危ないバイト?眠い時間帯に見回る睡眠時間が気になるバイト?などいろいろとあると思います。

警備員と言っても、実は様々な種類があります。交通誘導、スーパーなどの施設の警備、現金輸送車などを守る輸送警備、いわゆるボディガードと呼ばれる身辺警備などです。

では、警備員のバイトはどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?その実情に迫ります。

交通誘導の警備員のバイトは危険と重労働?

交通誘導の警備員は、思った以上に就業時間が少ないのです。平均で6時間半という人も多いようです。現場によっては、2時間や3時間というところもあります。

その就業時間だと給料も少ないのではないかと気になりますが、警備員は日給制なので、時間が早く終わっても約束された日給はもらえます。ほとんどが9000円などとなっているようですね。

工事などの現場は道路の使用許可の関係で、時間を超過して工事することはまずできないので、早めに終わることはあっても、まず残業はないのです。

また、交通誘導の警備員は人数を多めに配置しているため、休憩時間が多いのも嬉しいところです。

デメリットを考えてみると、外仕事なので、季節や天候に左右されます。風邪をひきやすくなるというのもデメリットと言えるかもしれませんね。

また、現場によってはトイレの場所が少ないので、あらかじめ、近くのトイレの場所を把握しておかなければなりません。

しかし、思ったよりも危険な目にあうこともないですし、重労働は全くありません。

スーパーや病院などの警備員のバイトは楽?

一方で、エアコン設備のある施設内での警備員のバイトは楽なのでしょうか?

施設警備の仕事は、日中から夜間まで全ての時間の警備になるので、交替勤務のところが多いようです。また、会社によっては夜間専用のバイトなどもあるようで、その時間帯によって、仕事の状況が変わります。

施設警備の仕事は、ビル管理などの仕事も兼務することが多いため、施設の巡回だけでなく、鍵の施錠や車の出入管理、清掃に至るまで様々な業務を兼ねていることが多いです。

日中の時間帯であれば、施設に来る人の対応をすることも多く、忘れ物や体調が悪くなった人の対応なども業務となります。

深夜勤務に関しては誰もいなくなった施設の巡回が主な仕事で、金品を置いているスーパーなどは緊張感を持って仕事をしなければなりません。

施設警備は日勤の昼間の仕事で13000円ほど、夜勤の仕事で15000円くらいとなっています。

現金輸送車の輸送警備は危険が一杯?

輸送警備員の仕事は銀行などの高額な現金や美術品など高い価値あるものを運ぶ際の警備をするため、正社員での勤務がほとんどで、バイトは滅多に採用されませんが、ごくまれに助手という形で入ることもあります。

しかし、高額なお金や資産が動くため他の警備員の仕事とはかなりの違いがあり、プレッシャーも大きいため、希望者は少ないとされています。

また、当然のことながら、非常時の時の対策が入念にされており、強靭な肉体とメンタルが必要となります。警察官と同じくらいの職務と言われているので、危険は多い仕事です。

誰かを守る身辺警備の仕事とは?

身辺警備の仕事は有名人などの生命や財産を守る大切な仕事です。危険が察知される人物の周囲を警戒し、依頼者の安全を守らなければなりません。

そのため、依頼者の周りの事故や災害にも常に目を配り、何か事件が起きた時には依頼者を速やかに安全な場所に誘導します。

昨今では、女性を襲うストーカーや幼児誘拐なども頻繁に起きているので、このような警備を必要とする人が増えているようです。しかし、依頼者の財産や命を守るという重大な任務のため、バイトに任せることはまずありません。

ただし、探偵事務所などがバイトとして雇って、助手的な立場で仕事をさせる場合はあるようです。いずれにしても、責任感を持ってしなければいけない仕事ですが、同時に危険が伴う場合もあります。

警備員のバイトは交通誘導か施設警備がほとんど

警備員にバイトとして勤められるのは、交通誘導か施設警備が多いですね。

季節による寒暖さがあまりない施設警備は建物内なので肉体的にも楽ですが、一方で拘束時間は比較的長めです。夜間、少人数で施設を守らなければならないため、強盗などの心配もないとは言えません。

ただ、日中の警備ではお客様とのコミュニケーションもあり、人々のために役立つことができるやりがいを感じられる仕事かもしれません。

一方で、交通誘導は短い時間で高額のお金を貯めることができるバイトと言えそうです。また、毎日現場が変わることもあり、飽きることがありませんね。

長く続けるつもりではなく、とりあえずお金が稼ぎたいという人には適したバイトと言えそうですね。

警備員のバイトは、人が寝ている間に仕事をすることが多いので、睡眠時間が不規則になったりしますが、お金を稼ぐことに関しては、どの警備員の仕事も通常よりはかなり高給だということになります。